jump to navigation

スーパーマーケットのショッピングカート 11月 29, 2009

Posted by Show/翔 in Notes.
add a comment

スーパで買物をする時は、このショッピングカートを使ったことはない。買物の荷物は手で持って買えるのが前提なので、カゴで持てる重さで見当をつけているからだ。

ショッピングカートを使う買物客は多いからぶつかる、ぶつけられることはありそうなこと。売り場の前を塞ぐように停めて選ばれると、邪魔だと感じるし、年配の方がカートの上のカゴの移動に苦労されていると気になってお手伝いすべきかと迷うこともある。

便利にマナー良く使ってもらえるのがお店側も客も嬉しいことだろう。

とはいえ、どんなところにも自己中な使い手はいる。車で来ているからと、車までカートを押していってそのまま駐車場に置いていく客。自転車置き場も同様だ。ただ、どちらも店の近くであれば、店員さんや警備員さんがしかたないな、と回収している姿をみかける。

先日は、もっとへんなところでみつけた。
隣接する大学の構内。それも構内の道路脇に十数台が転がされていた。

想像できるパターンは幾つかある。大学生が大量の買物をしていく姿は良くみかけるので、そのまま構内までショッピングカートを押して持っていき、人目につかないところに置いておいてそのまま、というケース。この可能性が一番高いだろうか。しかし、転がされていた台数は複数回分は絶対有るだろう思う。

お花見の季節であれば、近隣住民やわざわざ見に来た人達がそのあたりで花見をして、食べ物、飲み物を広げるので、その人たちということも有りかな。

どちらにしても、勝手に持っていって棄てていっているんだから、窃盗か万引きかなと思う。つまり軽犯罪だよな、と考えるけれど、そういうことをやった人達は、自分たちが楽したいから考えナシなのだろう、というところまで考えつく。

ところで、見つけたショッピングカートのことをお店の人に教えたいが、その場ではできなかったので、もう一度確かめてからでないと教えられないと考えている。

マナーかモラルか。欠如が激しいのはどちらなのだろう。

広告

ビニール傘より自分の傘を 11月 10, 2009

Posted by Show/翔 in Notes.
add a comment

TV番組でビニール傘を取り上げているのを見た。使っている若い人は、大体二回ほど使ったら棄てる傘だという考えのようだ。年配になってくると自分の傘を持って、持ち歩いて使う。たまにビニール傘を買うこともあるが、基本的には自分の傘だそうだ。

番組では、棄てられたビニール傘がどうなるのかも取材していた。
ビニール部分は燃えないゴミとして埋め立て処分。傘の骨にあたる金属部分はリサイクルのようだ。

金属部分だけ見ればリサイクルされているように見えるけれど、それはゴミとして回収された後にリサイクルさせる努力の結果のように見えた。道端に棄てられていくビニール傘は、リサイクルをさせやすいように棄てられているようには決して見えないからだ。

さて、私はと考えると、一応自分の傘を持ち、できるだけ持ち歩いて使う。長いのだけでなく折り畳みの傘もある。しかし、ビニール傘もたまに使う。ゲリラ豪雨にあってしまった時や台風などの雨だけでなく風も強い時だ。自分の傘を差したいけれど、壊れるのが目に見えている天候ではついビニール傘にしてしまう。自分の傘が壊れても、直してくれる場所がないから壊したくないという思いが先に立つためだ。

ビニール傘を使い捨てに使う人ばかりになって、傘を直してくれる所が無くなっていく。傘を大事に使いたいと思う人には不便になったことになる。割り箸を使うのをやめようという運動は、きっかけとしてはいいと考えるが、割り箸全てがエコではないという考え方は疑問だ。それより、こちらのビニール傘のほうがリサイクルにも、MOTTAINAIにもはずれる使われ方がされてるように思える。

チャイムを鳴らしてから何秒待つか 10月 27, 2009

Posted by Show/翔 in Notes.
add a comment

宅配ボックスが壊れていて、宅急便の配達人も受け取る側も共に不便である。

台風の影響で酷い雨でも佐川急便は、配達に、日に三度来るそうだ。夜間に配達に来てくれた担当の人と、宅配ボックスが使えなくて不便だという会話をしたついでに聞いた話だ。

不在も入れているが、再配達の依頼が来ていなくても大体三回らしい。その話を聞いた後、数軒隣りの部屋宛の荷物の配達時に遭遇した。その部屋の人は強者で、ポストを一日見ていないので不在の紙もしらなかったらしい。配達の人が不在をいれていた荷物ですと言って渡したので、ポストを見てませんでしたと答えていた。

我が家に来る配達は佐川君が圧倒的に多いが、他にもクロネコ、JP、西濃もくる。
さて配達に来たら、入り口のチャイム兼インターホンを鳴らし、オートロックの自動ドアを解除してもらって届けに来る。

このチャイムを鳴らしてから、不在と判断するのは何秒間だろうか。まあ、受ける側としては、インターホンの側に常時いるわけではないので、鳴って即座に答えることはほぼ不可能だ。せめて20秒ぐらいは待ってくれると助かる。ピンポーンと鳴った音を聞いて、はーいと答えに行くまでに、広い家ではないけれど10秒程度はかかると思って欲しい。直ぐに動き出せない時もあるから、20秒待ってもらえれば答えられるはずだと思う。

ところで昔のいたずらにピンポンダッシュというのがあった。他人の家のチャイムを鳴らし、家人が答える前に走り去るというやつだ。どうやら住んでいる地域に配達にきているクロネコの担当者がこれに近いことをしているようだ。

今までにも急いで出たのに、もう切れているということが何度かあった。ただ、宅配ボックスが使えていたので、このチャイムが間違いなのか配達なのかがはっきりしなかった。しかし、今日。かなり素早く答えたにもかかわらず、切れていた。そして、ポストの中の不在票に書かれた時刻がその時間だった。自分の感覚として、鳴らして数秒で切られた感じだ。そんな短い時間で不在とされてしまっては、受け取れるはずの荷物も受け取れない。さすがに再配達の申し込み時にクレームを入れた。再配達に来て、同じことをされたら三度手間になるか、指定時刻から受け取れるまでじっとインターホンの前で待っていなくてはならないからだ。

ちなみに前述の佐川君、JPは同じようなタイミングで答えて受け取っている。両者はそのくらいの時間は待つ。待たないのはクロネコだけだ。

この地域にお年寄りは多い。こんな配達では、不在のオンパレードじゃないだろうか。